スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2013年01月06日(Sun)

【読了】花×華 (電撃文庫) ※ネタばれが含まれます

カテゴリー:未分類記事編集

※ネタばれが含まれますので、お嫌いな方はおやめください













データ

「花×華」

著作:岩田洋季

著作リスト
「灰色のアイリスⅠ~Ⅴ」
「護くんに女神の祝福を!①~⑫」
「護くんに番外編で祝福を!①~④」
「月の盾」
「ましあのいちにち①、②」
「花×華」

イラスト:涼香

イラスト兼原画家

代表作は「あかね色に染まる坂」「星空へ架かる橋」



概要

高校2年の春休み、園端夕の許に届いた心揺さぶるラブレター

だがその手紙に記された”はな”という女の子の心当たりは二人いた

一人は身長も低く周囲から”華さま”と慕われる

愛らしいミニチュア人形のようなお嬢様「東雲華」

もう一人は元気で運動神経もよく、

どこか俊敏は小動物を思わせるポップでキュートな「成宮花」

その二人ともが同じクラスになって、

席替えでも強引に隣にやってきて、

さらに、夕と同じ映像研に入ってくるほど猛烈なアピールを繰り返してくる

手紙の主が気になる夕は、彼女たちをヒロインにして一緒に映画を撮り始めるのだが・・・

”だぶるはな”で贈る学園ラブコメ登場!




感想

発行が2010年3月初版と、あまり古くないが衝動買い。

イラストが見たことあると思っていれば「染ま坂」「星空」と聞いて納得。

私生活に潤いをと読み始めてみた。

まず目を引くのは花の表紙。

少し勝気っぽい目といたずらっぽい口元に惹かれる方も多いのでは。

1枚めくれば花と華のイラスト数枚。

なんとなく無気力系主人公の学園ラブコメが想像されるのは難くないだろう。

構成で言えば

①花と華と夕の出会い

②学園ラブコメ一直線

③花と華の関係云々

④夕くんの力で解決

⑤映像完成END

の流れで、終始学園イチャイチャラブコメのノベルゲームの様。

はじめからラブレターのくだりと初っ端からのラブコメに面を食らう。

文章としては、はじめから中盤にかけての説明不足感がある。

文章自体はキャラクターの若々しさや、感情の起伏、言葉の読みあいなどうまく出来ているのだが、

なんとなく文の構成として説明が抜けているように思える。

中盤から後半にかけてはあらかじめ構成されていたようで、

構成の「飛び」はなく、すんなりと受け入れることが出来た。

全体的に女の子の魅力をうまく表現出来ていて、

花の元気さや躍動感、華の優雅さやしたたかさはとても伝わりやすい。

しかし、男性陣の表現、特に主人公の感情や思考に違和感を覚える方もいるかもしれない。

基本的に無気力無個性な主人公が映像を通して強い意志を持っていくまでは理解できたが、

その熱意に理由が薄く、花や華に対する気持ちもその薄さから、時々病的に思えてしまう節があった。

全体通してキャラクターに魅力があったため、その点残念である。

しかし、それを除けば学園ラブコメらしいイチャラブ感と青臭さがあり、

読み終わるとニヤついている自分に気づくはずだ。

句読点や「」を多用し、息遣いや疾走感を表現しすぎるあまり厨二感があるが、

学園ラブコメには少々臭い方が個人的に好きなのかもしれない。

王道学園ラブコメの称号も夢ではないかもしれない。


ただ一つ気になるとすれば、先も言った通り、

よくもわるくも「学園イチャイチャラブコメのノベルゲームの様」である。

言ってしまえばギャルゲの様である。

この文体であれば、どちらかと言えば小説よりも映像やシュミレーションゲーム

といった媒体の方がより魅力的に作品を表現できるのではないかと思う。

なんとなくアニメ化を意識しすぎているか、小説に戻りきれていない感か、は否めないが、

この作品はライトノベルというより「ゲームの1ルート分を区切ったもの」

という表現のほうが合っているのかもしれない。

どちらにせよライトノベル。

読みものというより娯楽の小説。

良くも悪くもキャッキャウフフな内容なので、

興味のある方は手に取ってみるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト
 
│posted at 23:00:58│ コメント 0件トラックバック 0件
2012年12月04日(Tue)

【読了】僕たちは監視されている (このラノベがすごい!文庫) ※ネタばれが含まれます

カテゴリー:未分類記事編集

※ネタばれが含まれますので、お嫌いな方はおやめください















概要

社会はIPS症候群=通商クローらと呼ばれる依存症に似た症状を起こす病が蔓延していた。

禁断症状に陥ると、自傷他害の恐れが高くなる深刻な病。

発症原因は不明。予防法も対策もなし。患者数は増加の一途。

唯一の対策として国は、IPI配信者=コンテンツと呼ばれる配信をすることで、一時を凌いでいた。

そんな中、コンテンツの祭とコンテンツのユイガが出会ったことで物語が始まる。


感想

まずはじめ。「僕たちは監視されている」という重々しいタイトルに惹かれて購入してみたが、

なかなかに面白い。

作者の里田和登さんは執筆がこの作品が初めてらしいが、

初めてらしい言葉回しが初々しい。

それ以外は文体は特徴はなく、読みにくくも読みやすくもなく可もなく不可もなく。

舞台背景や設定がなかなかに風刺的で、クローラ、コンテンツと言った少し現代にも通じている設定がちらほら。

序盤の語り口には少々ブラックジョークをかませつつと中々におもしろいが、

中盤、後半と進むにつれて、ジョークをかませなくなる構成。

後半の盛り上がりは胸にこみ上げるものがある。さすが青春を謳っただけあると思える青さだ。

後半の盛り上がりに酔っていると、少しラストに拍子抜けかもしれない。

二人の関係に関してもっと言葉を重ねるべきだったのではないかと思ってみるが。

読み切ってからの後味はやはり2巻で補填してほしい。

全体を通して、祭の素直で純粋な心情と一葉の破天荒で冷静な分析が冴える一冊。

祭の一生懸命な秘密や悩み、苦悩を一つ一つ丁寧に考え、様々な悩みを一つ一つ丁寧に解決していく。

ユイガの秘密や苦悩を一生懸命理解しようと頑張る。

そんな状況の中、配信による監視やどうにもならない苦悩を超えて、

祭はなお一層綺麗に笑い、ユイガはさみしさを乗り越える。

そんな印象


ラノベにしてはなかなかの出来ではないだろうか。

あくまで「『僕』たちは『監視されている』」に尽きる。

毛色に合うか合わないかは人それぞれだと思うが、個人的には入門編としてはいい作品なのではないだろうか

あまりディープな内容すぎず、そこそこブラックで、それでいて後味は悪くはない。

可もなく不可もなく、しかし悪でも良でもない。


祭の純粋さ、本当のやさしさ。一葉の狡猾さ、かっこよさ。ユイガの愚直さ、ある意味での打たれ弱さ。

そして、祭とユイガの強さ、気高さ。

その一端に触れてみる意味では、一見の価値があると思う。
 
│posted at 23:47:09│ コメント 2件トラックバック 0件
2010年09月13日(Mon)

saraba

カテゴリー:未分類記事編集

 
│posted at 17:54:56│ コメント 0件トラックバック 0件
2010年08月12日(Thu)

あれだよな。。。

カテゴリー:未分類記事編集

最近時間が全く無かったですけど


どうも妖精です



自己満足だけです


はい


どうにもあれなので







ちょっと面倒でも頑張るぉ!




何かっていうと




部屋の整理wwwww





すげぇ荷物と小物で溢れてんで直しますwwww



ちょっとした報告ですwww



さて頑張ろうww
 
│posted at 15:33:20│ コメント 0件トラックバック 0件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。